2009年08月24日

▼記憶にあるのはG3だけ…5▼

父親が入院して1年10ヶ月の間、脳外科的手術6回

最後には全く動けない身体になってしまいました

私は毎日山形まで見舞いに行きました

タンの吸引や、体位変換、下の世話までできる様になりました

しかし…2年近くも病院に通っていると、いかに医療ミスが多いのかが分かります

特に父のいた脳外科の病棟は、意識朦朧とした患者さんが多く、例え看護師のミスが原因で患者さんが亡くなったとしても、誰も分からない…そんな所でした

本当は、暴露したい話も数多くあるのですが、やめておきます


「もうこれ以上良くならないから」
という実に冷たい言い方をされ、退院することになりました

退院後は自宅介護が5年間続きました


父親が最期に教えてくれたのは、人はこうして息をひきとるという瞬間を見せてくれた事でした

94年2月18日21時3分
私が32歳の誕生日を迎えた翌日の事でした

その翌月
3月21日…私は結婚しました

3月21日は弘法大師の命日です


そして一年後
偶然とあるスーパーマーケット内にある本屋で出会ってしまったのです




そうガメラに…







〜つづく〜  


Posted by ☆ガGラ〃 at 16:04怪獣の部屋